イラスト:線


» 2014 » 4月 » 01



HBC PRアシスタント ご協力ありがとうございました

こんにちは!
昨晩の生放送聞いて頂けましたでしょうか?
いつになく緩い感じの放送で、昨年のようにサプライズはありませんでしたが、
昨年度一年間のテトの歩み、だいたい解って頂けたのではないかなと思います。

その中でも、昨年4/1に発表されたテトのHBC PRアシスタント就任はとても大きな出来事でした。
ネット上で生まれたキャラクターが公共の放送局のPRを担当するなんて、
普通では考えられないことですよね。
採用にあたっては色々と調整が大変だったと思います。
反対意見などもあったでしょう。それをきちんとまとめ上げ採用に踏み切って頂いた
HBC編成局の方々には本当に感謝しています。
また、何から何まで初の出来事のこの案件の間を取り持って頂いた
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社の皆様にも心から感謝しています。

缶バッチ、うちわ、デジタルサイネージへの掲出、地下鉄構内の広告など、
様々な場所で広報に使って頂けたことは、テトにとっても大きな経験となるものでした。
私達ももっと何か協力できることがあったのではと、今では思い返し反省しています。

そのHBCさんからテトの離任に関しメッセージを頂きました。
本来生放送の中で紹介をと思っていたのですが、ゆるい放送の中ではなく、
きちんとした形で皆さんにお伝えしようと思い、
こちらのブログに掲載させていただくことにしました。
また機会があれば是非お手伝いさせていただきたいと願っています。

テトさんへのメッセージ

重音テトさんには、去年の4月1日から1年間、北海道放送・HBCテレビの
PRアシスタントを務めていただきましたが、本日3月31日をもって、任期満了となりました。
お疲れさまでした。そして、本当にありがとうございました。
テトさんにアシスタントの仕事をお願いした際には、全国の放送局でも
前例がなかったものですから、各方面から反響とハレーションがいっぱいでした。
HBCの社内でも「重音テトって誰?」、「ちゃんとPRできるの?」などと、その実力を疑問視する声がありました。
でも、実際に仕事を始めてもらうと、やることすべてが新鮮に映ったのか、
社内でもファンが増えていきました。
疑問視していた人たちも、「今度、この案件をテトさんにお願いしていい?」と、すり寄ってきて、
担当者としては心の中でニヤリとしていました。
テトさんの活躍は、イベントやオリジナルグッズだけにとどまらず、ついにはCMにも登場。
なんと、ゴールデンタイムにもその姿と歌声を披露してくれました。
テトさんの名刺やグッズを受け取りに、はるばる北海道外から札幌に来られた方も多数いらっしゃいました。本当にうれしい限りです。
これまで、なかなかHBCを知っていただく機会がなかった方たちにも、テトさんの力をお借りして、
しっかりPRできたと思っています。

イラストを作成していただいた「なおとえぬ」さん、「大辺璃紗希」さん、「ユンケル」さん、「みなみ」さん、「さく」さん、作曲をお願いした「北海ロイドP」さん、「デスおはぎ」さん、
そして、監修いただいた「クリプトン・フューチャー・メディア」の皆さん、
kappaさんをはじめとする「ツインドリル」の皆さん、本当にお世話になりました。
とても楽しく、思い出に残る一年間でした。
本当は、ずっとHBCで働いていただきたいのですが、テトさんを独占するわけにもきませんので、
あとはHBCのマスコット「もんすけ」に、これまで以上に頑張ってもらいます。
HBCのホームページにも、テトさんへのお礼を掲載中です。ぜひ、ご覧いただき、
ついでに、HBCテレビの番組もご覧いただければ幸いです。

さてさて、長くなってしまいましたが、来年の「さっぽろ雪まつり」では、
市民雪像の抽選が当たって、テトさんの雪像が見られることを楽しみにしています(笑)。

本当にありがとうございました。テトさんの今後の活躍、お祈りしています。

2014年3月31日

HBC・北海道放送 編成部 宣伝班一同

2014/04/01 12:20 kappa | Category: 広報生放送 | コメント(1) | トラックバック(0)


Blog Top




presented by TWIN DRILL