ガイドライントップ PCLについて 音源利用規約 著作権表記 版権申請 お問い合わせ


イラスト:セリ



テトの音声の使用許諾条件=「テトの音声を使うには、このルールを守ってね」ということです。 この使用許諾条件が今までと比べ、とても難しくなりました。
今までの使用許諾条件にあたるreadme.txtには、重音テトの身長や体重は書かれていても「テトを使ううえでのルール」というものは全く書かれていませんでした。
そのため「コレはやっちゃダメ!アレはしてもOK!」という基本的なルールさえありませんでした。

今までは、テトユーザーの間で良心的な”暗黙のルール”が生まれ、大きな問題が起こりませんでした。 しかし、テトが有名になり、もっと有名になるなかで”暗黙のルール”を知らない人が出てくるかもしれません。 有名になった、これからもっと有名になるであろうテトの為、中の人である小山乃舞世さんの為、 新しい重音テト音声ライブラリー使用許諾条件が必要となりました。

このページでは「重音テト音声ライブラリー使用許諾条件」について解説していきます。



今までできていたことは基本的に問題なくできます。
例えば「動画を作って、動画サイトに投稿すること」「曲を作って、音楽サイトに投稿する」は もちろんのこと(著作権を侵害しない曲であれば)テトに歌わせた曲を個人ブログに載せること「重音テト」「小山乃舞世」を表記せずに作品を公開・投稿すること等々も今まで通りにできます。 投稿する前や後で、小山乃舞世さんやサークルに確認を取る必要も今までと同じくありません。

また「テトは色々問題を抱えているから、同人でも使っちゃいけない」なんて声を耳にしますが、そんなことはありません。
実は、使用許諾条件ができる以前から同人CDを作って頒布することはできていました。
ただ「テトを使ううえでのルール」が明らかになっていなかったので「テトで同人CD出したいけど、どうしたらいいのか分からない人」が多かったのだと思います。
新しい使用許諾条件では、そういった人の疑問を解決できるようにしています。


そしてもちろん「重音テト音声ライブラリー」は無料の音声素材です。

では、何が変わって、何ができなくなったのでしょうか?
それは「■別途使用許諾が必要な場合■」と「■禁止事項■」に書かれています。




「■別途使用許諾が必要な場合■」では、「重音テト音声ライブラリーを商用利用する」、
例えば、テトの歌ったCDを販売する等について書かれています。
「テトの歌ったCD作っちゃダメ!禁止!」なんてことはなく、
「商用での使用を希望される場合は、連絡をくださいね」と書いてあります。
「黙って商用CDを作る」等、連絡せずに重音テト音声ライブラリーを商利用することはできません。

反対に「■禁止事項■」では、「コレはやっちゃダメ!」なことが書かれています。
「コレはやっちゃダメ!」なのですが、大多数の人にとっては関係のないことだと思います。

「■禁止事項■」と、それに続く「■禁止事項の非適用■」について詳しく見ていきましょう。




■禁止事項■の下3つは、ごくごく当たり前のことです。

本ライブラリーの著作情報を偽ること。
「重音テト音声ライブラリー」は小山乃舞世さんが録音した音声から作られています。
「重音テト音声ライブラリーは私が録音して作りました!」と嘘をつく(=「著作情報を偽ること」)等は禁止です。

本ライブラリーを改変の有無を問わず、著作者の承諾を得ずにその全部または一部を販売、配布すること。
「重音テト音声ライブラリー」を販売するのは原則禁止、は分かると思いますが、
配布も同じく原則禁止となっています。
例えば、使用許諾条件が変更されたなら、当然、その差し替えが必要です。
そういった今後も変わっていくことが予想されるテトの状況にいち早く対応する為、原則禁止となっています。
ですが、「著作者の承諾を得ずに」が禁止だ、ということも書かれていますね。

本使用許諾条件に反すること。
「テトを使ううえでのルール」ができたので、そのルールを破っちゃダメ!ということです。
続いて上の3つ、、、

犯罪系、自殺系など倫理的・法律的に問題のあるサイト、作品での重音テトの音声の公開。
それ以外にも著作権者が不適当と判断した場合には、重音テトの音声の公開を中止するよう要請する場合があります。

著作権者本人に限らず、第三者の権利を侵害するような重音テトの音声の公開。

公序良俗に著しく反する内容の表現をするような重音テトの音声の公開。

文面を見るとおどろおどろしい感じですが、やはり「大多数の人にとっては関係のないこと」だと思います。
今までに小山乃舞世さんから「作品を削除してほしい。こういう作品ではテトを使わないでほしい」と言われたことのある人は、 気をつけてほしいです。が、”一人もいない”はずです。




以下の行為は禁止事項にあたりません。=セーフだよ!

個人利用の範囲内での本ライブラリーの直接的な改変。またそれらを用いた作品の発表。
問題ありません。でも、「本ライブラリーの配布」は原則禁止でしたね。

本ライブラリーに同梱された周波数表(*.frqファイル)や原音設定(oto.iniファイル)の改変、その配布。
原音設定等は今まで通りに配布できます。
小山乃舞世さんやサークルに連絡して確認を取る必要もありません。

「重音テト」「小山乃舞世」をクレジットせずに作品を発表すること。
例えば、ニコニコ動画に投稿した作品に「重音テト」のタグをつけなくてもOKです。
ですが、「重音テト音声ライブラリー」を使って「オリジナルキャラの名前」タグを”黙って”つけるのは、 「本ライブラリーの著作情報を偽ること」なので、禁止です。ですが、、、

本ライブラリーの使用が明らかで、著作情報に誤解が生じないようにしたうえで、
本ライブラリーを「重音テト」以外に使用すること。
例えば、動画説明文等で「テトの声を使ったんですけど、
声をイジっていたら面白い声ができたので、新しくキャラクターをあててみました!」と書けば、
「本ライブラリーの使用が明らかで、著作情報に誤解が生じない」ですよね。
それならば、「本ライブラリーを「重音テト」以外に使用すること」ができます。

また、説明文に詳しく書かなくても、「本ライブラリーの使用が明らかで、著作情報に誤解が生じない」、
「重音テト」以外の、有名なキャラもいるかと思います。




「重音テト音声ライブラリー使用許諾条件」を作るにあたって、
「今まで通りに」ということを大事にしています。
「今まで通りに」とは、自然に生まれた”暗黙のルール”が基となっています。
この場をお借りして、”暗黙のルール”を作られた古参のテト親に感謝します。

また、私たちがテト親たちの“暗黙のルール”を基にしたように、
上記の重音テト音声ライブラリー使用許諾条件を雛形として使って、
他の音源やキャラクターの使用許諾条件を作成していただいても構いません。
なお、雛形として使う際のテト関係のクレジットの表記は必要ありませんので、
それぞれの個人や団体の責任において、内容を作成してください。
本使用許諾条件が、多少なりとも皆様のお役に立てれば幸いです。





© 2010 TWINDRILL All rights reserved